働き女子におすすめのスキンケア

私が悩んでいたのはニキビ体質です。少し脂っぽいものを食べただけで顎ニキビが止まらなくなり、ストレスがたまるとすぐにニキビが出現します。生理周期が乱れてもニキビができ、なかなかコントロールできずにいました。コンシーラーが欠かせませんでした。 私が実践したスキンケア方法は、お肌の休息日をつくることです。とくに最近はコロナ禍でおうちにいる時間が長くなり、あまりお化粧をする必要がなくなりました。室内ではベースメイクをしたほうがいいと見聞きしたことはありますが、私の場合は数日すっぴんで過ごすとお肌の調子が少し落ち着きます。 私がお肌の休息日をつくり実践してどうだったかというと、化粧のノリがよくなりました。コロナ禍に入る前は今とは真逆で化粧したまま過ごしている時間が非常に長かったのですが、今はすっぴんで過ごす日が増えて、ニキビも一時期より出現回数が減りました。洗顔をしすぎると乾燥でお肌が荒れてしまうため、朝晩の化粧水はかかせませんが、お肌を休ませると、心も楽になります。 お肌の休息日をおすすめしたい人は、ハードワークの働き女子におすすめしたいです。毎日遅くまで働いていると食事さえもまともにとれなくなります。ストレスによってカップラーメンやポテトチップスが食べたくなり、実際に食べてしまうとお肌の調子が荒れてしまいます。もし荒れてもそんなときは化粧をせずに、ほんの少しお肌を休ませるだけでも、肌質が変わられる方もきっといらっしゃると思います。あまりおすすめできない人は、お化粧をする時間がモチベーションに繋がっている人です。すっぴんがあまり好きではなかったり、メイクをすること=エンジンをかけることになっている人にとって、いくらお肌の調子を整えるためとはいえ、すっぴんのままで過ごしたくない人もいると思います。スキンケアは自分に合った方法、かつ無理のない範囲で続けることをおすすめします。 すっぴんがキレイになると心の調子もよくなります。もちろんお化粧をするとさらに気持ちは高揚しますが、すっぴんで過ごす日があってもたまには良いのではと思います。人と会う用事もなく、一日おこもりする日はすっぴんで過ごし、お肌を休ませてあげると、もしかしたら調子がもとに戻ってくるかもしれません。
http://deyaa.daa.jp/