キャッシングでブラックリストの場合はどうなる?

キャッシングサービスを利用していたことがあっても、返済を滞らせてしまったり、債務不履行を起こしてしまうと、俗に「ブラックリスト」と呼ばれる状態になります。

実は実際にはブラックリストというリストが存在するわけではなく、個人信用情報機関に登録されている個人信用情報に過去に延滞や債務不履行を起こしたことがあるという情報が登録されることになります。
この情報は事故情報といわれ、5年~10年ほどその情報が登録されることになっています。

事故情報は3つある個人信用情報機関によってその登録機関は異なりますし、事故情報の内容によってもその期間は異なります。
また、3つの個人信用情報機関はそれぞれ情報を共有していますので、一つでも事故情報が登録されていると、どの個人信用情報機関でも事故情報があることが分かります。

ただ、この事故情報が登録されていても、キャッシングが出来るという場合もあります。
審査が厳しい低金利のキャッシングは難しくなりますが、少し金利が高めのキャッシングであれば、審査に通過する可能性はゼロではありません。